木葉らん

はじめまして、このブログの管理人で木葉このはらんと申します。

私の、かんたんなプロフィールです。

BLOGの掟(おきて)

超初心者の方にわかりやすく、安心してユーザー車検ができるように、1から解説していきます

ユーザー車検のきっかけ

20代の頃に乗っていたクルマの維持費がバカ高くて、でも「どうしても手放したくない!」という想いから、なんとか安く所有していく方法を考えました。

その頃に乗っていたクルマは、2000ccの4WDでスバルのフォレスターでした。

一目惚れで購入したので、維持費のことなどあまり考えていませんでした…

燃費はリッター6(1リットルのガソリンでたったの6kmしか走行しない)、驚異的な燃費の悪さでした。

はい、しかもハイオクガソリン使用車です。

だから、いつもガソリンを気にしながら乗っていたんですよね。

ガソリンタンクのランプが点灯しても、残り何キロくらい走行可能か計算しながら乗っていました。

若い頃は身の丈に合わないくせに無茶をしてしまい、止められませんでした。

その結果、

  • クルマを維持するのが難しくなってきた… 
  • 手放したくない… でも、売ろうか迷っている…
  • 家計のために、クルマの維持費を節約したい…

お金の悩みは増えました。

必要経費だからどうにもならないと諦めて、高い維持費を払い続けていたけれど…

それでもなんとか節約して乗り続けたいと思いました。

初めて購入した想い入れのあるクルマだったので…やっぱり諦めきれませんでした。

年間のマイカー維持費

クルマを維持することで生活費を削らなくてはならないので、厳しくなってきました。

マイカーを維持するために必要な経費は、ざっとこんなものです。

  • 車体費用(購入額)
  • 自動車税(毎年5月)
  • 保険料(任意保険)
  • 駐車場代(1か月)
  • 車検費用(2年に一度)
  • 燃料費(ハイオクガソリン)
  • 消耗品費(オイル・タイヤ・ゴム系など消耗品交換)
  • 洗車代(青空駐車はすぐに汚れます)

こうして並べてみると、結構あれこれと維持費が掛かってしまいますね。

木葉らん

マイカーに年間いくら使っているか、考えたことありますか?

クルマのランクや年間走行距離によって、それぞれ違いがあると思います。

また、任意保険の保証を手厚くすれば、経費は高くなります。

どんなに維持費が高くても、クルマが必要なひともいます。

クルマ離れなんて言ってますけど、大都会の話です。田舎じゃクルマがないと生活できません。

削れる無駄があれば、削ぎ落としてでも継続するしかありません。

でも、すべてをじっくり見直せば、クルマの維持費を激減することが可能です。

木葉らん

当たり前だと思っていた常識は、結構かんたんに崩れてしまいました。

私の場合は、任意保険の車両保証にも入っていましたが、辞めて最低限必要な保険に切り替えました。

そして、ユーザー車検を受けることでクルマの維持費をかなり抑えることができました。

ユーザー車検を受けてみる

誰でもユーザー車検は受けられます。運転免許があれば…ですけど。

車検は整備工場に勤めていた近所の人に頼んでいたのですが、今思えば車検代行同然でした。

「手数料を取られるくらいなら自分で受けてみよう!」と思ったのがきっかけでした。

私の第1回目のユーザー車検は、何が起こったのかあまり覚えていないくらいあっというまに終わりました。

「これならもっと早くやっておけばよかった!」新しい車検証を手にしてそう思ったことだけは、はっきり思い出せます。

なので「なんでみんなやらないの?」というのが、率直な感想です。

愛車との別れ

新規登録から11~13年超えのクルマは、税金がUPしてしまいます。

11年経過すると自動車税が、13年経過すると重量税重課税となってしまいます。

13年目を前にして、いよいよお別れとなりました。

廃車するならタダでは渡さない

ついに廃車することになりました。

同じ廃車をする場合も、選択肢によってお金を払う人お金を受け取る人とに分かれてしまいます。

あなたは絶対に損しない賢い選択をしてくださいね。

私ももちろん名残惜しい気持ちをぐっと押し殺しながら、お札をGETして円満廃車をしました。

あらふぉーでもユーザー車検を継続中

こんな私もあらふぉーとなりまして、相変わらずユーザー車検を続けています。

車検は2年に一度の継続検査となりますが、2年も経てば感覚がにぶります。

車検の約1か月前になる頃に準備をはじめて、イメージトレーニングをしてのぞみます。

検査場に行ってみると分かることですが、男性と女性の割合は(8:2くらいでしょうか…)男性が圧倒的に多いです。

ですが、私以外にも一人で検査コースに入っている女性もいるし、力作業はないので区別することでは全くないです。

なんといっても、ユーザー車検は費用が最低限に抑えられます。

木葉らん

家計を支えるために節約したい人なら、ユーザー車検はむしろ誰でもできる高額な節約術なので、絶好のチャンスです。

今後のユーザー車検

地球環境のことを考えると脱炭素が急務となっていて、クルマも電気自動車にシフトしていくことが考えられます。

色々な種類のクルマが増えてくると、法律が変わり車検方法も変化してくるでしょうね。

時代と共に変化していきますが、情報を収集しながら対応していけば良いだけです。

あと、いつまでユーザー車検を受けることができるかといった年齢の問題も少し考えてはいますが…

車検場に行くと、60歳以上の整備工場から来ているおじさんたちがゴロゴロいるので、まぁ当分は心配しなくても大丈夫だと思っています。

60代でも元気な人はたくさんいますので。

先ほども言いましたが、力作業は全くないのになぜこんなにも女性が少ないのか、不思議で仕方ありません。

常識は自分で作れるものなので、はじめてユーザー車検をする人も女性も、ぜひチャレンジしてみてほしいです。

木葉らん

そんな想いから、このブログ『超初心者のユーザー車検.com』を立ち上げました。

あなたのユーザー車検デビューを、応援しています!!!

ユーザー車検が丸ごとわかる!

時間がない人は、この記事を読めばユーザー車検の流れが分かります。

✓【合格秘訣編】はじめてのユーザー車検

じっくりユーザー車検について知りたい人は、こちらからどうぞ。

✓【車検費用編】はじめてのユーザー車検